プラセンタ 美容成分 分析

どんな成分がプラセンタに含まれてるの?

 

プラセンタは美容にも健康にも効果があるということで、多くのサプリや化粧品にプラセンタが配合されています。

 

詳しい効果などは知らなくても、名前は多くの人が効いたことがあるのではないでしょうか。

 

プラセンタの魅力は、多くの栄養素を摂取できる点と、加齢によって体内生産量が減ってしまう成長因子を摂取できる点にあります。

 

ここでは、具体的にどんな成分をプラセンタによって摂取することができるのか、その成分にはどんな働きがあるのかを解説していきたいと思います。

 

ビタミン・ミネラル

 

どちらも体内で生産することができず、食事などから摂取しなければならない成分です。

 

どちらも必要な量自体はそこまで多くないのですが、多くの種類があるため食事だけですべてを摂取するのは大変です。

 

これらの成分の不足は生活習慣病などの原因となってしまいますし、体の機能を調節する働きがあるためしっかり摂取しておかなければなりません。

 

脂質

 

脂質は肥満などの原因になる、ということで多くの人が嫌っている成分かもしれませんが、エネルギーや細胞の材料となるので適度に摂取しなければならない成分です。

 

またビタミンの中には脂溶性ビタミンと呼ばれる、水には溶けにくく油に溶けるビタミンがあり、こういったビタミンの吸収率を高めるためには脂質がある程度必要となります。

 

ちなみに脂溶性ビタミンはビタミンA・D・Eで、他のビタミンは水溶性です。

 

タンパク質・アミノ酸

 

タンパク質とアミノ酸は筋肉や肌、髪の毛など髪の毛を作る非常に大切な成分です。

 

タンパク質はアミノ酸が結合したもので、消化・吸収の効率はすでに小さく分解されているアミノ酸の方が高いです。

 

どんなに美容成分を摂取したり、スキンケアで肌に与えたりしていても、肝心の肌の材料となるタンパク質・アミノ酸が不足していたら肌はきれいになりません。

 

プラセンタであれば吸収効率に優れたアミノ酸をしっかり摂取することができ、必要なアミノ酸を多く含んでいる質のいいたんぱく質も摂取することができます。

 

酵素

最近健康にも美容にも欠かすことができない成分として有名になった酵素もプラセンタで摂取することができます

 

加齢によって不足してしまう成分で、代謝や消化など健康にも美容にも欠かすことのできない働きを助けてくれます。

 

核酸

 

核酸も年齢を重ねるごとに減っていき、老化を引き起こしたり、代謝を悪くしたり、遺伝子に問題を引き起こしたりしてしまうと言われているので、積極的に摂取しておきたい成分です。

 

ちなみに核酸は魚介類(特に白子)に多く含まれています。

 

成長因子

ターンオーバーなど、細胞が古いものから新しいものに入れ替わることが健康でも美容でも非常に重要です。その細胞を増やし入れ替わりを促すために必要なのが成長因子です。

 

内因性タンパク質とも呼ばれていますし、細胞を作るのに必要という点ではたんぱく質やアミノ酸と同じように聞こえるかもしれませんが、成長を促すという点で違いがあります。

 

この成長因子も加齢によって体内での生産量が減ってしまうので、積極的に摂取する必要のある成分です。

 

美白などにも効果があるんですが、アンチエイジングにも非常に有効です。

 



TP200プラセンタサプリの効果と口コミ トップへ