プラセンタ 成長因子 効果

成長因子って何?プラセンタの重要な成分を解説!

 

美容成分として多くの人に愛用されているのがプラセンタです。

 

プラセンタの魅力は非常にたくさんあり、様々な有効成分がプラセンタには含まれていますが、最も重要なのは成長因子と呼ばれる成分です。

 

この成分は加齢によって減っていってしまう成分で、この成分を摂取することができるというのがプラセンタを摂取する最大のメリットと言っても過言ではないかもしれません。

 

その名の通り成長因子は成長を促す成分で、この成分が減少してしまうとどんどん老化が進んでいってしまいます。

 

ここでは、成長因子について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

どんな働きをする成分?成長因子について解説

 

成長因子、と聞くと成長しきった大人には必要ないんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

確かに成長する過程で多くの成長因子は使われ、大人になるにつれ成長因子が体内で作られる量はどんどん減っていきます。

 

しかし、大人になってからも細胞を新しいものに作り替えるなどの重要な働きに成長因子は必要です。なので、プラセンタで成長因子を摂取することは非常に有効なのです。

 

細胞は分裂して二つに分かれることで新しい細胞を作っていきますが、この分裂をするときに成長因子が必要となります。

 

もし成長因子が不足してしまうと、細胞分裂が行われないので細胞を増やすことができず、古い細胞がそのまま働き続けることになります。

 

そうなってしまうと、どんどん内臓の機能が低下していってしまったり、肌あれやニキビ、シミなどの肌の問題が解消されないまま、どんどん悪化していってしまったりします。

 

 

現に、多くの人が内臓の機能低下を感じ始める40代などでは、成長因子の体内での生産量は非常に少なくなってしまっています。

 

美容だけでなく健康にもプラセンタが効果的なのはこういう理由だったんですね。

 

肌をきれいにするだけでなく、若々しい肌に保つ効果もあるので、アンチエイジングにもプラセンタは効果的です。

 

 

どんな成長因子がプラセンタには含まれているの?

複数の種類が成長因子にはあって、それぞれ働きが少しずつ違っています。

 

プラセンタに含まれる成長因子もひとつだけではなく、たくさんの種類があるので、それを知っておけばプラセンタでどんな効果が期待できるか知ることができますよ。

 

主に美容に効果がある成長因子

 

特に美容に効果的な成長因子は二つあります。

 

一つ目は肌を作るのを助け、ターンオーバーを促進する上皮細胞増殖因子です。

 

この成長因子はEGFと呼ばれることも多く、非常に注目されている美容成分です。

 

二つ目は繊維芽細胞増殖因子FGF)です。

 

ニキビ跡やたるみ、シワなどの原因となる乾燥や肌のハリの低下などの原因となるのが、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなどの低下です。

 

これらの成分を化粧品などで補っている人も多いと思いますが、成長因子であるFGFが不足しているのではなかなか改善されません

 

化粧品の効果を高めるためにもFGFはしっかり補ってあげたい成分ですね。

 

主に健康に効果がある成長因子

 

健康に効果がある成長因子は二つあります。

 

一つ目は神経細胞増殖因子NGF)です。

 

更年期障害やうつ病など、ホルモンバランスや神経細胞などが原因となって引き起こされる症状に有効な成長因子です。

 

二つ目はインシュリン様成長因子IGF)です。

 

関節痛などに効果がある成分で、平滑筋細胞や軟骨細胞を増やす効果があり、男性が特に悩まされる育毛にも有効です。



TP200プラセンタサプリの効果と口コミ トップへ