プラセンタ シミ消せる 効果

プラセンタでシミが消せるって本当?効果あるの?

 

やっぱり、白く美しい肌に憧れている人は多いのではないでしょうか。そんな白く美しい肌になる上で、プラセンタは非常に頼りになる存在です。

 

美白に必要なケアは非常にたくさんあります。例えば、肌荒れがあると当然美白肌とは言えませんし、シミなどがあってもダメですよね。

 

そういった様々な肌の問題をプラセンタで解決することができるのです。

 

そんな様々な問題の中でも、特にシミには多くの女性が悩まされているので、どうしてシミを消すのにプラセンタが有効なのかを説明しようと思います。

 

 

ターンオーバーを成長因子で促進

 

今現在シミに悩まされている人の中には、昔はシミなんて勝手に消えていたのにな…、と思っている人は少なくないのではないでしょうか。

 

それはその通りで、シミは古い肌が新しい肌になる際に勝手に消えていくものなのです

 

もともとシミは体を守るために作られるものです。メラニンという色素がシミを作るのですが、このメラニンは体を紫外線などから守ってくれる成分でもあるのです。

 

つまり、紫外線を浴びると、体を紫外線から守るためにメラニンを作り出し、それが結果としてシミになってしまうということです。

 

なので、シミのない肌になるためには、紫外線を肌に当てない、肌の入れ替わりを促進するという方法が有効です。

 

この中で肌の入れ替わりは年齢に大きく左右されます。肌を周期的に新しいものと入れ替えることをターンオーバーというのですが、加齢によってこのターンオーバーが正常に行われなくなっていってしまうんです。

 

このターンオーバーはシミだけでなく、様々な肌の問題の原因となってしまいます。

 

 

例えば、ニキビや肌荒れなどもターンオーバーで新しい肌になることで解消されていくので、ターンオーバーが滞ってしまうとどんどん悪化していってしまうんです。

 

では、プラセンタはどうやってシミを改善していくのでしょうか。プラセンタには成長因子という成分が含まれています。

 

その名の通り、成長を促す因子で、ターンオーバーを促進してくれる働きがあります。つまり、プラセンタを使えば体の機能を向上させて自然とシミを消していくことができるということですね。

 

 

シミを増やすこともある?プラセンタは本当にシミに有効?

 

プラセンタサプリの口コミを見ていると、気になる内容がありました。それが、逆にシミが増えた!という口コミです。

 

肌のターンオーバーを促進してシミを古い皮膚と一緒に取り除いてくれるプラセンタが、逆にシミの原因となってしまうことがあるのでしょうか?

 

結論から言うと、プラセンタ自体がシミを作り出す原因になることはあり得ません

 

先ほど書いたように、シミの原因は紫外線などの外部からの刺激を受けて体内で作られるメラニン色素です。プラセンタがメラニン色素を作り出すことはありません。

 

では、どうしてプラセンタを利用することでシミが増えたという口コミがあるんでしょうか。

 

その原因は、ターンオーバーにあります。

 

今表面に出ているシミは、古い表面にある皮膚にあるメラニン色素によってつくられています。しかし、肌の奥にもメラニン色素は作られていて、それは後々肌の表面に出てくるんです。

 

プラセンタによってターンオーバーが促進され、その肌が表面に出てきたということなので、プラセンタによって作られたわけではないんです。

 

そして、プラセンタでターンオーバーを促進していれば、そのシミもきちんと消えるので、心配する必要はありません。



TP200プラセンタサプリの効果と口コミ トップへ